ここから本文です

大谷 7号勝ち越し弾 日本選手の代打本塁打はイチロー以来6人目

7/9(月) 11:10配信

スポニチアネックス

 ◇ア・リーグ エンゼルス4―3ドジャース(2018年7月8日 アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手(24)は8日(日本時間9日)、本拠地アナハイムでのドジャース戦の7回に代打で出場。17試合ぶりの本塁打となる勝ち越しの中越え7号ソロを放った。日本人のメジャーでの代打本塁打は、昨年のイチロー以来6人目(9本目)。大谷の一発が決勝点となり、エンゼルスが4―3で勝利した。

【写真】どうだ!気合の入った表情で打球の行方を追う大谷

 3―3の同点で迎えた7回無死、2ボール2ストライクからドジャース2番手、右腕のシャグアの外角球をジャストミート。打球はグングンと伸び、中堅フェンスを越えた。5月17日(同18日)のレイズ戦の9回、レイズ2番手・プルイットが投じた3球目を捉え、中越え6号ソロを放って以来となる17試合ぶりの本塁打は勝ち越し代打弾だ。

 日本人の代打本塁打は、昨年8月にイチロー(当時マーリンズ)がフィリーズ戦で放って以来6人目(9本目)となった。

 メジャー移籍後、大谷の代打での出場は今回で6回目。1回目は、日本人メジャーリーガー初の4試合連続本塁打がかかった4月10日(同11日)のレンジャーズ戦で、9回に出場し、二ゴロ。5月8日(同9日)のロッキーズ戦は7回に登場し一ゴロに倒れたが、同9日(同10日)の同カードでは8回に起用され、メジャー代打初安打となる中前打を放った。6月4日(同5日)のロイヤルズ戦でも6回に登場し二塁内野安打した。7月5日(同6日)のマリナーズ戦は三振に倒れていた。日本では、代打で打率・288、4本塁打、13打点の成績を残している。

◆日本人メジャーリーガーの代打本塁打

▽05年5月16日 井口資仁(ホワイトソックス)ソロ 対レンジャーズ戦

▽同8月3日 田口壮(カージナルス)3ラン 対マーリンズ戦

▽07年8月27日 井口資仁(フィリーズ)2ラン 対メッツ戦

▽08年8月24日 福留孝介(カブス)2ラン 対ナショナルズ戦

▽09年9月21日 松井秀喜(ヤンキース)ソロ 対エンゼルス戦

▽10年8月3日 福留孝介(カブス)ソロ 対ブルワーズ戦

▽16年9月6日 イチロー(マーリンズ)2ラン 対フィリーズ戦

▽17年8月22日 イチロー(マーリンズ)3ラン 対フィリーズ戦

※( )内は当時の所属

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合7/23(月) 9:15