ここから本文です

シュヴァルグランとヴィブロスが今年で引退

7/10(火) 7:03配信

スポーツ報知

 大魔神こと佐々木主浩オーナーが所有するシュヴァルグラン(牡6歳、栗東・友道厩舎)とヴィブロス(牝5歳、同)のきょうだい2頭のローテーションが9日、明らかになった。

 シュヴァルグランは、ジャパンCでG1初制覇を飾った昨秋と同様に、京都大賞典(10月8日、京都)からジャパンC(11月25日、東京)を経て、有馬記念(12月23日、中山)で引退する見込み。京都大賞典の鞍上は三浦騎手、残り2つはボウマン騎手とのコンビを予定している。またヴィブロスは天皇賞・秋(10月28日、東京)、マイルCS(11月18日、京都)、香港マイル(12月9日、シャティン)の3戦を使って、繁殖入りのプランを描いている。

最終更新:7/10(火) 10:22
スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ