ここから本文です

将棋・7月9日週の主な対局予定 10日に棋聖戦第4局 羽生棋聖粘るか、豊島八段奪取か

7/9(月) 14:12配信

AbemaTIMES

 日本将棋連盟による7月9日週の公式戦は、10日に羽生善治棋聖と豊島将之八段による棋聖戦五番勝負の第4局が行われる。ここまで豊島八段が2勝1敗とリードしており、今回勝利すれば悲願の初タイトルとなる。タイトル通算100期を目指す羽生棋聖は踏ん張れるか。主な対局は以下のとおり。

7月9日(月曜日)

竜王戦6組昇決 浦野真彦八段VS宮本広志五段 (携帯中継)
叡王戦予選 佐藤紳哉七段VS大石直嗣七段 (携帯中継)
加古川青流戦 池永天志四段VS黒田尭之三段 (携帯中継)

7月10日(火曜日)

棋聖戦第4局 羽生善治棋聖VS豊島将之八段 (ニコニコ生放送・AbemaTV・中継・携帯中継)

 豊島八段が初タイトルに王手をかけて迎える第4局。羽生棋聖は同タイトル10連覇中で、この対局で敗れると2008年に佐藤康光九段から奪取して以来の失冠となる。また前人未踏のタイトル通算100期もお預けとなり、保持するタイトルも竜王のみとなる。昨年も一時期、棋聖のみの1冠となった羽生棋聖だが、複数冠維持と大記録達成のためにも負けられない一局だ。一方の豊島八段は、同時に王位戦七番勝負も戦っており、一気に複数冠奪取も期待されている。持ち時間は各4時間。

竜王戦4組昇決 菅井竜也王位VS伊藤真吾五段(携帯中継)

7月11日(水曜日)

竜王戦決勝トーナメント 佐藤康光九段VS増田康宏六段 (携帯中継)

 2回戦で藤井聡太七段を破った増田六段が、3回戦でランキング戦1組5位の佐藤九段に挑戦。「東の増田、西の藤井」と東西の天才と称される増田六段が羽生善治竜王に挑戦するには、今回の対局含めトーナメントで3連勝し、別ブロックを勝ち上がってきた棋士と、挑戦者決定三番勝負を制する必要がある。持ち時間は各5時間。

朝日杯将棋オープン戦一次予選 石川陽生七段VS渡部愛女流王位 (携帯中継)

7月12日(木曜日)

棋王戦挑決トーナメント 山崎隆之八段VS梶浦宏孝四段 (携帯中継)
朝日杯将棋オープン戦一次予選 東和男八段VS中田功七段 (携帯中継)
YAMADAチャレンジ杯 渡辺正和五段VS石田直裕五段(携帯中継)
女流王座戦本戦 竹俣紅女流初段VS加藤桃子初段 (携帯中継)

7月13日(金曜日)
竜王戦決勝トーナメント 深浦康市九段VS千葉幸生七段 (AbemaTV・中継・携帯中継)
順位戦A級 久保利明王将VS稲葉陽八段 (携帯中継)
棋王戦挑決トーナメント 広瀬章人八段VS糸谷哲郎八段 (携帯中継)
YAMADAチャレンジ杯 渡辺大夢五段VS竹内雄悟四段 (携帯中継)
YAMADAチャレンジ杯 牧野光則五段VS都成竜馬五段 (携帯中継)

7月14日(土曜日)
叡王戦予選 川上猛七段VS窪田義行七段(ニコニコ生放送・携帯中継)

7月15日(日曜日)

NHK杯 藤井聡太七段VS今泉健司四段(NHK)
AbemaTVトーナメント 予選Cブロック 高見泰地叡王VS阿久津主税八段 (AbemaTV)
AbemaTVトーナメント 予選Cブロック 永瀬拓矢七段VS佐々木勇気六段 (AbemaTV)

最終更新:7/9(月) 14:12
AbemaTIMES

あなたにおすすめの記事