ここから本文です

「いろいろ大人の事情もあった」仙台加入のハーフナーが記者会見

7/9(月) 20:04配信

ゲキサカ

 ベガルタ仙台は9日、ヴィッセル神戸のFWハーフナー・マイク(31)が期限付き移籍で加入することを発表した。同日に行われた加入記者会見の内容をクラブ公式サイトが伝えている。

 神戸加入2年目のハーフナーは今季J1開幕戦のアウェー鳥栖戦(1-1)でゴールを決めたが、その後は得点から遠ざかり、リーグ戦の出場は4試合にとどまっていた。

 移籍を決断した理由については「神戸で試合に出る機会が少なかった」ことを挙げ、「結構前から話があったのですが、いろいろ大人の事情もあったので、そういう意味ではベガルタの裏方で(強化育成本部長の)丹治さんがいろいろうまくやってくれたので、感謝しています」と経緯を明かしている。

 獲得を熱望していたという渡邉晋監督からは、すでにチームの狙いや今後のビジョンなどを伝えられているようだ。仙台はサイド攻撃を持ち味の1つとしており、「クロスから自分の特徴であるゴールがいっぱいできるようにしていきたいです」と新天地でのプレーのイメージを膨らませた。

 横浜FMでプロ生活をスタートさせたハーフナーは、海外クラブへの移籍を挟み、仙台でJリーグ6クラブ目となる。「自分ももう31歳なので、ベガルタには若い選手も多いですし、そういう選手たちにも経験を伝えていければいいかなと思います」とプレー以外での貢献も誓った。

最終更新:7/9(月) 20:11
ゲキサカ