ここから本文です

冗談は「オブラートに包んだ悪意」です 小3の出来事を描いた漫画が話題 教師の言葉に驚いて…作者に聞く

7/11(水) 7:00配信

withnews

 小学校時代の経験を描いたという漫画が、ネット上で注目を集めています。クラスの男子にひどいことを言われ、「冗談のつもりだった」と謝る彼に対して、教師が「世の中には冗談が通じない人もいるんだから」と言ったことに驚いた、という内容です。「私にとって冗談はオブラートに包んだ悪意です」と記した作者に話を聞きました。

【画像】話題の漫画はこちら。教師の「世の中には冗談が通じない人もいるんだから」という言葉に驚いて……

クラスの男子にひどいことを言われ

 今月9日にツイッター投稿された漫画。「小3の頃 クラスの男子にひどいことを何度も言われた」という書き出しで始まります。

 そのことを担任の教師に伝えると、男子を注意してくれたそうです。

 すると男子は教師の前で「冗談のつもりだった」と謝罪。それを聞いていた教師は「世の中には冗談が通じない人もいるんだから」と言いました。

 教師の言葉に驚く主人公。最後のコマは、こう結ばれています。

 「以来 私は冗談があまり好きじゃない…… 私にとって冗談は『オブラートに包んだ悪意』です」

作者の漫画家に聞きました

 この漫画に対して、「冗談とは互いに信頼出来る同じ立場の人間の間で成立するもの」「言われた側が冗談として許す事ができて初めて冗談になる」といったコメントが寄せられ、リツイートは7千、いいねは1万を超えています。

 作者は漫画家の後藤羽矢子さん。4コマ誌や青年誌を中心に「うわばみ乙女ずかん」「アスクミ先生に聞いてみた」などを執筆しています。

 今回の漫画に込めた思いについて、詳しく話を聞きました。

 ――描こうと思ったきっかけは

 たまたまタイムライン上に「冗談で言ったとしても相手が不快になったならそれは失言です」という内容のツイートがリツイートされてきて、同意するとともに、子どもの頃の記憶が浮かんできて、勢いで漫画にしました。20分ぐらいで描きました。

 ――後藤さんの実体験に基づく内容なんですね

 そうです。実際はその場ではそれほど「えーっ」とならなくて、「ん?」みたいなモヤモヤした気持ちをずっと引きずってて、だいぶ後になって「ああ、あまりよくないこと言われたな」と気づきました。

1/2ページ

最終更新:7/12(木) 17:45
withnews