ここから本文です

<芸能ニュースランキング>TOKIO山口が上半期1位に 2位は藤井七段、3位はビートたけし

7/10(火) 15:00配信

まんたんウェブ

 2018年上半期の朝のワイドショーで最も長時間取り上げられた芸能の話題は、人気グループ「TOKIO」の山口達也さんの強制わいせつ問題だったことが、テレビ番組のリサーチやマーケティングを行う調査会社「エム・データ」の調べで明らかになった。2位は将棋の藤井聡太七段の止まらぬ快進撃で、3位はお笑いタレントのビートたけしさんの独立騒動だった。

【写真特集】TOKIO 4人で会見 松岡は涙をこらえ…

 調査は、1~6月の期間中にNHK、日本テレビ、TBS、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京で放送された午前10時までのワイドショーとニュース番組が対象で、芸能に関連する話題の放送時間を集計した。

 1位の山口さんの強制わいせつ問題の放送時間は、28時間42分1秒だった。2位の藤井七段の快進撃の放送時間は、14時間36分51秒、3位のたけしさんは、芸能事務所「オフィス北野」から独立したことを巡る騒動で、放送時間は10時間9分13秒だった。エム・データは、関東、中京、関西エリアのテレビ局で放送された番組やCMをテキスト化・データベース化して「TVメタデータ」を構築している。

 4位以下は次の通り。(敬称略)

4位 西城秀樹さん、死去

5位 大杉漣さん、急性心不全で死去

6位 第90回アカデミー賞

7位 安室奈美恵、9月引退へ

8位 小室哲哉、不倫疑惑で芸能活動引退発表

9位 第71回カンヌ国際映画祭

10位 加山雄三の所有船「光進丸」が炎上

最終更新:7/10(火) 15:00
まんたんウェブ