ここから本文です

唐辛子びっしりの桶の中で…“地獄の辛さ”に5分耐える挑戦

7/10(火) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

コラム【もぎたて海外仰天ニュース】

 真夏に辛いものを食べたり、大汗をかいたりして涼を取る“逆療法”はあるけど、これは……。

 中国南西部重慶市にあるウオーターパーク「紅酒小鎮水上楽園」で行われた「唐辛子桶挑戦コンテスト」の光景だ。

 重慶晩報(8日付電子版)などによると、挑戦者は水と唐辛子がびっしり入った桶に入り、5分間、耐えればチャレンジ成功。輸入ワインなどの商品がもらえる。

 桶の中にはさまざまな唐辛子がブレンドされ、「そこそこの辛さ」「普通の辛さ」「変態的な辛さ」「地獄のような辛さ」の4種類に分かれている。どの桶を選んでもOKだ。

 四川盆地にある重慶は真夏に気温40度を超えることが珍しくなく、「火爐(ストーブ)」と呼ばれるほど。口がしびれるほど辛い料理でも有名だ。唐辛子に慣れ親しんでいる重慶ならではのコンテストで、桶中の唐辛子をバリバリ食べてしまう人も。

 それにしても、こんなに唐辛子がいっぱい入った桶の中に入って、肌に悪影響はないんだろうか?

 主催者は「水につけると唐辛子の刺激成分は希釈されるので、見た目ほどは刺激は強くないので、危険はありません」と言っているらしい。

 実際、5歳の男の子も「普通の辛さ」に挑戦し、見事クリア。とはいえ、この桶の中に入る度胸、ありますか?