ここから本文です

ジャスティン・ビーバー わずか2か月での婚約に米芸能メディアから驚きの声

7/10(火) 16:42配信

東スポWeb

 あのジャスティン・ビーバー(24)が電撃婚約した。相手は噂になっていた米人気モデルでハリウッドの俳優一族出身のヘイリー・ボールドウィン(21)。米芸能サイト「TMZ」によると、ジャスティンは7日夜、バケーション先のカリブ海バハマのリゾートでプロポーズし、“巨大なダイヤの婚約指輪”を贈った。

 ジャスティンは友人らが見守るなか、ヘイリーの前でひざまずいて求婚し、ヘイリーは「イエス」と答えたとTMZは伝えた。交際が噂され始めたのは5月ごろで、わずか2か月での婚約に米芸能メディアからも驚きの声が上がっている。

 というのもジャスティンは先月、自身の左手薬指につけたリングをパパラッチにそれとなく見せて「ジャスティン婚約!?」という衝撃ニュースを発信させた後、「パパラッチをからかってみただけ」と種明かしして世間を騒がせた。だが、結局、婚約は本当だったことから芸能メディアは2度担がれるはめになった。

 ジャスティンと互いに10代のころからくっついたり離れたりの関係を繰り返してきた米歌手セレーナ・ゴメス(25)とは事実上、破局。そのころからヘイリーと一緒にいる姿が目撃されている。

 2人が知り合ったのは2009年で、当時のヘイリーはまだ13歳だった。その後、ジャスティンがセレーナと破局中の15年に2人の急接近が話題になり、翌年にはジャスティンが2人のキスショットをインスタグラムで公開したことで関係はオープンになった。

 だが、まだ10代だったヘイリーは世間から好奇の目にさらされることがつらく、その時は別れる道を選んだ。それから2年、再び巡り合った2人は結婚という人生の大きな決断を下すことになった。

最終更新:7/10(火) 16:46
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ