ここから本文です

飯舘村民とのADR打ち切り=東電が和解案拒否―原発事故

7/10(火) 13:10配信

時事通信

 東京電力福島第1原発事故をめぐり、福島県飯舘村の村民約3000人が東電に慰謝料を求めて申し立てていた裁判外紛争解決手続き(ADR)で、原子力損害賠償紛争解決センターが和解仲介を打ち切ったことが10日、分かった。

 住民側弁護団が明らかにした。

 村民の約半数が申し立てに参加し、被ばくへの不安に対する慰謝料1人300万円などを求めていた。同センターは145人に15万~50万円を支払う和解案を提示したが、東電は「初期被ばくによる精神的損害は法律上発生していない」として支払いを拒否していた。 

最終更新:7/10(火) 13:15
時事通信