ここから本文です

王者・山中竜也 挑戦者のピンクの髪を歓迎「逆に狙いやすい」

7/10(火) 16:27配信

スポニチアネックス

 ◇ボクシングWBO世界ミニマム級タイトルマッチ(神戸市中央体育館)

 13日の世界戦の予備検診が10日に神戸市内であり、王者・山中竜也(23=真正)と挑戦者ビック・サルダール(27=フィリピン)が初対面。東南アジアの刺客のピンクの髪の毛を目の当たりにしたチャンピオンは「やりにくさはないと思う。逆に狙いやすい」と的にしやすいと歓迎した。山下正人会長は「目のフェイントやね。髪と見せて、ボディーを打つとか」と、冗談で笑いを誘った。

 リーチはサルダールが3センチ長い。左のジャブ、右のストレートが伸びてくるイメージが強い。17勝のうちKOは10ある。この階級としてはハードパンチャーだ。数字上はわずかに不利ながら、山中は「相手のリーチが長いということを想定して練習をしてきた。問題ないです」と涼しい顔。得意のアウトボクシングで、こちらは的を絞らせないつもりだ。

 戦績は山中が16勝(5KO)2敗。サルダールが17勝(10KO)3敗。

Yahoo!ニュースからのお知らせ