ここから本文です

矢後、一気に寄り切り 十両で唯一の3連勝も「これからですよ」

7/10(火) 16:39配信

スポーツ報知

◆大相撲名古屋場所2日目 ○矢後(寄り切り)剣翔●(10日・ドルフィンズアリーナ)

 大相撲の名古屋場所3日目が10日、愛知・ドルフィンズアリーナで行われ、西十両8枚目・矢後(24)=尾車=が東7枚目・剣翔(26)=追手風=を寄り切って十両で唯一の3連勝を飾った。

 立ち合いで生命線の右上手が取れなかった時は「どうしよう」と思ったというが、冷静に対応してしっかり握り直した。そして抱え込んだ左をグイッと引き付けて腰の重い剣翔の体を起こすと一気に寄り切った。今場所初めて大きな体(186センチ、180キロ)を使ったダイナミックな相撲で白星を積み重ねた。

 今場所も自然体で場所に臨んでいる。愛知・瀬戸市の部屋では外出することもなく、静かな時間を過ごしている。体のケアはマッサージと電気治療でリフレッシュ。15日間を戦い抜く体力維持に努めている。3日目を終了して十両の3連勝は矢後一人になったが、単独トップは先場所も経験している。「これからですよ」と矢後の表情は自信に満ちあふれていた。

最終更新:7/17(火) 6:07
スポーツ報知

あわせて読みたい