ここから本文です

錦織「ひとつ壁を破れた」 痛めた右肘は「たぶん大丈夫」/ウィンブルドン

7/10(火) 1:19配信

サンケイスポーツ

 テニス・ウィンブルドン選手権第7日(9日、オールイングランド・クラブ)男子シングルス4回戦で第24シードの錦織圭(28)=日清食品=が、予選から勝ち上がった世界ランキング138位のエルネスツ・ガルビス(29)=ラトビア=に4-6、7-6、7-6、6-1で逆転勝ち。同種目の日本勢で1995年大会の松岡修造以来の8強入りを果たした。準々決勝では元世界1位のノバク・ジョコビッチ(31)=セルビア=-カレン・カチャノフ(22)=ロシア=の勝者と対戦する。

 錦織との一問一答は以下の通り。

 --初のベスト8

 「大変な試合だった。出だしがそんなに良くなかったのでどうなるかと思ったけど、2セット目から落ち着いて、自分のテニスを取り戻せた。第3セットのタイブレークは落とす可能性もあったので、そこがすごく大きかった」

 --第3セットは相手にセットポイントがあった

 「苦しいタイブレークだった。先に自分のセットポイントがきたけど、取り切れなかった。よくしのげたなという感じ」

 --右肘の状態は

 「きょうはじっくり治療して、たぶん大丈夫だと思う」

 --今後は

 「(ベスト)8に入ったことは、ひとつ壁を破れたのでこれからどんどん進んでいけたら」

Yahoo!ニュースからのお知らせ