ここから本文です

フジ「FNSうたの夏まつり」  圧巻のミュージカルSPメドレーも

7/10(火) 12:12配信

サンケイスポーツ

 25日に4時間半生放送されるフジテレビ系「2018FNSうたの夏まつり」(後7・0、一部地域を除く)の第2弾となる出演アーティスト39組が10日、発表された。

 音楽シーンをにぎわす旬なアーティストから常に最前線を走り続けてきたトップアーティスト、貴重なレジェンドまで日本の音楽界を支えるスターが大集結する。

 主な発表アーティストは、AKB48、EXILE、CHEMISTRY、DA PUMP、西野カナ、乃木坂46、三浦大知、モーニング娘。‘18、横山だいすけら。

 「ミュージカル・メドレー」「グレイテスト・ショーマン・メドレー」には石丸幹二、別所哲也、山崎育三郎、Crystal Kay、渡辺直美ら。

 「思い出の夏うた」には、同局系の連ドラに出演している沢村一樹、本田翼、井浦新、山崎賢人、上野樹里、佐野史郎らが登場し、夏の思い出メロディーを語る。そのほか「アニソン・メドレー」企画も。

 ミュージカルファンに長く愛される「ミス・サイゴン」の名曲「アメリカン・ドリーム」を歌う初出演の別所は「『グレイテストー』は大好きな作品で、憧れのヒュー・ジャックマンが演じていたということもあり感激している。『レ・ミゼラブル』のジャン・バルジャンをジャックマンは映画で、僕は舞台でやっているという縁もあり、うれしい。しかも映画でジャックマンが着ていた本物の衣裳を着て歌わせていただき、一生の思い出になります」と大喜びだった。

 そして、出演者総勢33人で歌う“レ・ミゼ”の「ONE DAY MORE」ほか、20分以上の壮大なメドレーは圧巻だろう。

 司会は森高千里、渡部建、加藤綾子。