ここから本文です

杉良太郎さん、矢立の杉の年次祭に出席

7/10(火) 12:07配信

産経新聞

 山梨県の指定天然記念物「笹子峠の矢立の杉」(同県大月市笹子町黒野田)を舞台と歌の題材にした歌手で俳優の杉良太郎さん(73)が9日、現地で開かれた年次大祭に、夫人で歌手の伍代夏子さんと参加した。

 大月市によると、矢立の杉は樹齢1千年超。生命力があり、戦国時代に笹子峠を通って合戦に向かう武士が、必勝を願って矢を射ったことが由来とされる。

 杉さんは平成19年、矢立の杉を題材に舞台「闇の身代わり地蔵」をプロデュース、翌年にCD「矢立の杉」を発表した。

 これを記念し、杉さんは現地に身代わり両面地蔵菩薩を建立。大月市も歌碑を建て、24年から年次大祭を続けている。9日も地域の伝統芸能「笹子追分人形芝居」などが披露された。

 杉さんはあいさつで「矢立の杉は全国のスギの中でも風格があって美しい」と再会を喜んだ。西日本豪雨の被害にも触れ、「明日はわが身と考えている。皆さんの健康を願い、来年もまた会えることを楽しみにしている」と述べた。

最終更新:7/10(火) 12:07
産経新聞