ここから本文です

知らなきゃヤバい!? 水着になる前のマストケア3

7/10(火) 7:10配信

ELLEgirl

7月に入り、各地で一斉に海&プール開き。水着を着るためのスタイルづくりは万全でも、ムダ毛やニキビがあったら台無しに! そこで今回は「よしき皮膚科クリニック銀座」の吉木伸子先生に、水着スタイルの総仕上げとしてマストなケア3つのHow toをASK! 細部までケアをして、この夏はパーフェクトな水着美人を目指そう。

バストケアは、ソフトタッチでハリをアップ

美しい水着姿のためには、ぷるぷるでしっかりハリのあるバストを手に入れたいもの。バストの下垂や弾力の低下を予防するためには、まずバストを支えている表面の皮膚のケアが重要に。「顔の皮膚と同様にデコルテの皮膚も老化し、たるんでくるとバストが下がる原因になります。大切なのは、強い摩擦を避けること。入浴時は、ザラザラのナイロンタオルでなく、やわらかい綿タオルなどで体を洗うようにしましょう。上がったあとは、適度に保湿を。矯正下着などで締め付けると黒ずみの原因になるので気をつけて」と吉木先生。

●姿勢を正して、美バストを演出
また、皮膚以外にバストを支える役割をするクーパー靭帯は、激しい運動などで上下に振動すると傷ついてしまうことも。バストを支える運動用のブラジャーをつけるのがベスト。

「バストが美しく見えるかどうかは、姿勢も大きく影響します。猫背だと当然バストもだらんと下がって見えるので、水着を着るときは特に、背筋をしゃんとのばして! 3割増しで美しく見えるはずです」

下着選びや洗い方に気をつけておしりニキビを予防!

エクササイズをがんばってきゅっと上がったおしりを手に入れても、赤くプツプツとしたニキビがあると、魅力が激減。そもそもニキビの原因は、皮膚の常在菌であるニキビ菌に対して免疫力が低下すること。おしりニキビの場合は、食生活の偏り、睡眠不足、ストレスなどの他に、外的刺激が大きく関係するのだとか。下着のレースやガードルなどの素材や、座った時にちょうどゴムや縫い目があたることで肌が傷ついてニキビになることもあるので、下着選びには十分気をつけて。

「体を洗うときに、タオルを使わず手で洗うだけという人もいますが、それでは角質が残って毛穴を詰まらせてしまい、結果的にニキビになることがあるので要注意! おしりの保湿には、油分の少ないボディジェルなどがおすすめです」と吉木先生。

1/2ページ

最終更新:7/10(火) 7:10
ELLEgirl

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ