ここから本文です

JAL、豪雨の救援支援者を無償で搭乗可能に、自治体や指定団体の支援者らに7月末まで

7/10(火) 13:02配信

トラベルボイス

日本航空(JAL)は、西日本を中心に被害をもたらした「平成30年7月豪雨」被災者に対する支援協力を決定した。2018年7月10日から31日までの間、災害支援者が無償で搭乗できるようにするほか、救援物資の輸送協力も無償でおこなうもの。

無償で搭乗できる災害支援者は、政府または自治体の要請を受けて救援支援に行く個人や団体。または、「災害ボランティア活動支援プロジェクト会議」か「特定非営利法人ジャパンプラットフォーム」に参加する民間援助団体で、「現地ボランティアセンターの運営支援」や「ボランティアコーディネーション業務」をおこなう人も対象となる。

日本航空便名で運航する国内線で、被災地に発着するすべての便が対象(日本トランスオーシャン航空、日本エアコミューター、琉球エアコミューター運航便は除く)。以下の支援サポートデスクで事前の予約・発券手続きが必要となる。

・災害支援者サポートデスク(電話 03-4330-0760、土日祝日除く 9時~17時まで)

救援物資については、荷主(依頼主)と荷受人が日本政府、地方自治体、その他公的機関(含む日本赤十字)であり、連絡先が明確である場合に、日本航空便名の国内線で国内貨物便として無償で輸送。ただし、発着地での諸手続きや地上輸送手段が事前に手配されているものに限る。輸送品目は救援物資とし、カセットボンベや木炭などの危険物、動物、腐りやすいもの、航空島再制限品は除く。必ず、以下の窓口への事前問い合わせが必要。

・国内貨物取扱窓口(電話 03-5757-3151、土日祝日除く 9時~17時まで)

そのほかJALでは、義援金として中央共同募金会に500万円を寄付。JALチャリティマイルによるマイレージの寄付の募集も呼びかけている。マイル寄付の募集要項は以下のとおり。

・受付期間 : 2018 年 7 月 10 日(火)10:00~7 月 31 日(火)23:59 (日本時間)
・受付内容 : 500 マイル(500 円に相当)を 1 口とするマイル寄付
・受付方法 : 以下の特設ページページにて、1 口(500 マイル)より寄付を受け付ける。

▼JALチャリティ・マイル(7 月 10 日 10時受付開始)
http://www.jal.co.jp/jalmile/use/charity/

トラベルボイス編集部

最終更新:7/10(火) 13:02
トラベルボイス