ここから本文です

プライベート重視! リオネル・メッシの謎多き暮らし

7/10(火) 20:10配信

BUSINESS INSIDER JAPAN

FIFAワールドカップ・ロシア大会では、アルゼンチン代表はベスト16で敗退してしまった。

【全画像】プライベート重視! リオネル・メッシの謎多き暮らし

だが、リオネル・メッシは間違いなく今、生きているサッカー選手の中で最高のプレーヤーだ。その驚くべき成功によって、素晴らしい富を築いた。

フォーブスによると、メッシはボクシングのフロイド・メイウェザーに次ぎ、世界で2番目に稼いでいるアスリートで、ライバルのクリスティアーノ・ロナウドをも上回る。

とてつもない富と人気を得ているにもかかわらず、メッシはスポーツ界で最もプライベートを大切にするアスリートの1人だ。

20万ドル(約2200万円)の車を運転し、立派な家に住んでいるが、その暮らしぶりは謎に包まれている。

【※全ての写真は記事上部のリンクからご覧になれます】

2018年、メッシはこれまでに1億1100万ドルを稼いだ。

2017年には、年棒8000万ドル超の新たな契約を結んだ。加えて、スポンサー契約によって2700万ドルを稼いでいる。

アディダスとは生涯契約を結んでいる。スポーツドリンクで知られるゲータレードや、マスターカード、ペプシなどとも契約している。

バルセロナにとって、メッシはとても価値の高い選手であるため、その移籍金は8億3500万ドルにのぼる。

メッシは、バルセロナ郊外の山に囲まれた村、カステルデフェルスの家に住んでいる。もう誰も住んでいないが、幼少期を過ごしたアルゼンチンの家を今でも所有し、維持している。

母親とは今も親しい。バルセロナのチームメイト、ルイス・スアレスとは仲良しだ。

スイスのチューリッヒで開かれたバロン・ドールのガラ・パーティーに出席した時のように、プライベートジェットを時々利用している。

長年連れ添ったアントネラ・ロクソと、2017年に結婚した。2人はアルゼンチンの同じ町で育ち、家族ぐるみの付き合いだった。2人の間には、3人の子どもがいる。メッシの子どもたちは今や、バルセロナの祝勝会の定番だ。

彼の贅沢な暮らしぶりが垣間見えることもある。

授賞式にドット柄のスーツを着て登場したときや……大のサッカーファンであるローマ法王に謁見したとき……東日本大震災の復興支援のため、「黄金の左足」を作成、販売することに同意したときがそうだ。ちなみに、この「足」は500万ドルで売られた。

豪華な休暇を楽しむこともある。

世界的に有名なミュージシャンや……有名アスリートに会う機会もある。しかし、脱税の有罪判決を受け、罰金を科されたときには、あまり寛大とは言えない面がニュースの見出しを飾った。

メッシは他のアスリートとは違い、私生活を使って自身のブランドを築くことにあまり関心がないようだ。インスタグラムの投稿は、ほとんどがいたって普通だ。家族やチームメイト、大きな愛犬とリラックスするメッシの写真が主だ。

メッシのライフスタイルは、スポットライトを好むことで知られるピッチ上のライバル、クリスティアーノ・ロナウドとは対照的だ。

[原文:LIONEL MESSI: How the most expensive soccer player in the world spends his millions]

(翻訳:Setsuko Frey)

最終更新:7/10(火) 20:16
BUSINESS INSIDER JAPAN