ここから本文です

ANA、「平成30年7月豪雨」被災地を支援 義援マイル募集や救援物資の無償輸送などを実施

7/10(火) 17:58配信

乗りものニュース

救援のために被災地に渡航する支援者への援助も

 ANA(全日空)グループは2018年7月10日(火)、西日本に甚大な被害をもたらした「平成30年7月豪雨」の早期復興を願い、被災地への支援を実施すると発表しました。

 支援内容は以下となります。

・義援金の寄付
・ANAマイレージクラブ会員からの寄付の募集
・災害支援者へ無償渡航の提供
・救援物資の輸送協力

 義援金について、同社は日本赤十字社および一部自治体を通じて被災地支援に500万を寄付するとしています。ANAグループ役職員にも寄付を募集するほか、ANAマイレージクラブ会員対象にマイルでの寄付を募集。寄せられたマイル寄付相当額を日本赤十字社の「平成30年7月豪雨災害義援金」および被災した自治体に寄付するとのことです。義援マイルの受け付け期間は7月10日(火)から8月31日(金)までで、寄付は1マイル(1円相当)から。ANAのウェブサイトより申し込めます。

 無償渡航は、日本赤十字社およびジャパン・プラットホームから派遣、もしくは派遣要請される団体を通じて救援のために被災地に渡航する支援者に提供するとしています。対象便は、ANAの便名で運航する被災地近隣各地の空港へのフライトです。期間は7月11日(水)から同31日(火)までで、空席状況によって搭乗できない場合もあるとしています。救援物資の無償輸送については一定条件のもと実施されるとしており、期間および対象便は無償搭乗と同じとのことです。

乗りものニュース編集部