ここから本文です

レヴァンドフスキがバイエルン残留へ…退団希望もW杯の低調パフォーマンスが影響

7/10(火) 22:31配信

GOAL

バイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レヴァンドフスキは残留することになるようだ。ドイツ紙『ビルト』が報じている。

全国にはこんなにカワイイ“美女サポ”たちが…スタジアム、行こうぜ!総集編【88枚】

レヴァンドフスキは今年に入ってから代理人をピニ・ザハーニ氏に変更した。ザハーニ氏といえば、昨夏のネイマールのパリ・サンジェルマン移籍に関わったことでも知られる敏腕代理人。レヴァンドフスキはレアル・マドリー移籍を望んでいると伝えられ、代理人も「ロベルトは新たな変化、新たな挑戦がキャリアに必要なときなんだ」と語っていた。

実際、ワールドカップ終了後にレアル・マドリーやイングランドのビッグクラブと契約を結ぶ可能性はあったが、ポーランド代表での低調なパフォーマンス、バイエルンの拒否権によってそのプランは変更された。レヴァンドフスキでさえザニーニのコメントには驚いたようだが、現在はバイエルンでチャンピオンズリーグを制覇することに集中しているという。

なお、レヴァンドフスキが移籍を希望していた背景には、昨季のバイエルンが重要な一戦を前に多くのケガ人が発生していたことが理由としてあるようだ。7月下旬にチームへと合流する際には内部で話し合い、この問題を解決する必要があると見られている。レヴァンドフスキとバイエルンの契約は2021年まで残っている。

最終更新:7/10(火) 22:31
GOAL