ここから本文です

X JAPAN、フィーチャリングとしてHYDE(L’Arc~en~Ciel)を迎えた前代未聞のコラボが実現

7/10(火) 11:24配信

E-TALENTBANK

X JAPANの新曲『Red Swan』が、TVアニメ「進撃の巨人 Season3」のオープニングテーマに決定し、さらにこの作品には、HYDE(L’Arc~en~Ciel)を迎え、『X JAPAN feat. HYDE』という衝撃のコラボレーションが実現することが、現地時間8日(日)、米ロサンゼルスで開催されたアニメエキスポで発表された。

【写真】YOSHIKIが父親の自殺、HIDEの死、Toshlの洗脳などを赤裸々に語り涙を流す場面も

TVアニメ「進撃の巨人 Season3」の日本国内でのテレビ放送は、NHK総合にて7月22日(日) から開始され、その後世界各国で放送及び配信を予定しており、また『Red Swan』は全世界配信されることが決定している。

今回の新曲『Red Swan』は、YOSHIKIが「進撃の巨人」のために自ら書き下ろした未発表のオリジナル楽曲で、昨年3月にお披露目された『La Venus (Acoustic Version)』に続く、ファン待望の1年4ヶ月ぶりの新曲となる。 2014年にも自身のソロとして発表し、後にX JAPANの楽曲にもなった『HERO』が、海外からも人気の高いアニメーション映画「聖闘士星矢 Legend of Sanctuary」の主題歌となっており、YOSHIKIは今回再び、世界的大人気アニメに楽曲を提供することとなる。

また、公私共に親交が深く、互いにアーティストとしてリスペクトし合う仲であるHYDEとは、これまで2016年に開催された「VISUAL JAPAN SUMMIT」や、VAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY」のステージでは共演しているものの、楽曲でのコラボは初の試みとなり、X JAPANとしてもこれまでにはなかった新境地となる。

さらに、新曲『Red Swan』は、22年ぶりとなるX JAPANの新作アルバムに入る可能性もあるとの情報が入ってきており、これはアルバムリリースまでのカウントダウンがいよいよ始まったことを示唆する。そしてこのアルバムには、HYDEの他にもマリリン・マンソンなど、何人かの海外大物アーティストが参加する楽曲がすでに収録されているようだ。

株式会社イータレントバンク

最終更新:7/10(火) 11:24
E-TALENTBANK

Yahoo!ニュースからのお知らせ