ここから本文です

ロッテ荻野、右手の指骨折で全治2か月 9日西武戦で投球を受け途中交代

7/10(火) 14:11配信

Full-Count

右手第二指基節骨骨折と診断

 ロッテは10日、荻野貴司外野手が立川市内の病院での検査の結果、右手第二指基節骨骨折と診断されたと発表した。全治は2か月の見込みだという。

【動画】ロッテ・荻野が右手骨折で全治2ヶ月… スイングの際に投球が直撃

 荻野は9日の西武戦(メットライフドーム)の6回の打席でスイングした際に投球を受け、途中交代していた。

 荻野は今季78試合出場で打率.287、2本塁打、25打点、20盗塁と好調を維持していた。

Full-Count編集部

最終更新:7/10(火) 15:12
Full-Count

Yahoo!ニュースからのお知らせ