ここから本文です

カブッキーの石像除幕 小松市

7/10(火) 2:07配信

北國新聞社

 小松市の「こまつ珠玉と石の文化」創造会議は9日、同市空とこども絵本館の広場で、市のイメージキャラクター「カブッキー」の石像除幕式を行い、関係者が新名物の誕生を祝った。

 石像は、同市滝ケ原町の石材彫刻師中谷篁(たかむら)さん(86)が日本遺産「小松の石文化」や「歌舞伎のまち」を発信しようと、滝ケ原石で制作した。中谷さんや和田慎司市長らが除幕し、小松大谷幼稚園の年長児が歌や踊りで盛り上げた。

 引き続き、市が昨年度創設した「石の文化レガシー認定制度」の認定証授与式が同館ホール「夢の本棚」で行われ、「日用(ひよう)川の石垣」など16件の関係者に認定証が贈られた。創造会議の会合も開かれ、石材の活用などの取り組み状況が報告された。

北國新聞社

最終更新:7/10(火) 2:07
北國新聞社

あなたにおすすめの記事