ここから本文です

お茶大、女性自認の学生受入れ…2020年度から

7/11(水) 10:34配信

リセマム

 お茶の水女子大学は2018年7月10日、戸籍上男性であっても性自認が女性であるトランスジェンダー学生を受け入れると発表した。2020年度の学部および大学院の入学者から受け入れる。「多様な女性」があらゆる分野に参画できる社会の実現をめざす。

画像 お茶の水女子大学

 トランスジェンダー学生の受入れは、「学ぶ意欲のあるすべての女性にとって、真摯な夢の実現の場として存在する」という国立大学法人としてのお茶の水女子大学のミッション(2004年制定)に基づき、判断したもの。

 自身の性自認に基づき、女子大学で学ぶことを希望する人を受け入れるための設備整備などの準備を2018年より進め、2020年度の学部および大学院の入学者から受け入れる。戸籍の性別と性自認が異なる学生には、入試課で相談を受け付け、入学後の学生生活をサポートするために、通称名や更衣室の使用などの情報をあらかじめ提供するとしている。

 お茶の水女子大学では、トランスジェンダー学生の受入れを「多様性を包摂する女子大学と社会」の創出に向けた取組みと位置づけている。今後、固定的な性別意識に捉われず、ひとりひとりが人間としてその個性と能力を十分に発揮し、「多様な女性」があらゆる分野に参画できる社会の実現につながっていくことを期待しているという。

《リセマム 工藤めぐみ》

最終更新:7/11(水) 10:34
リセマム