ここから本文です

A.B.C-Z橋本&河合のW主演 音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』開幕!

7/11(水) 18:25配信

チケットぴあ

村上龍原作の小説を音楽劇に仕立てあげ、2016年の上演時に大好評を博した音楽劇『コインロッカー・ベイビーズ』。初演の成功を受け、早くも今夏、再演が決定した。出演者も、ほぼ初演のキャストが集結する一方、主演の橋本良亮(A.B.C-Z)と河合郁人(A.B.C-Z)が互いの役を回替わりで交換し演じるという新しい試みをすることで話題を呼んでいる。

【その他の画像はこちら】

そんな注目の本作だが、7月10日、開幕に先駆けてフォトコール(舞台の一部の公開稽古)及び囲み取材が実施された。

今回、フォトコールで上演されたのは、タイトルにも関係する、とある駅のコインロッカーから赤ん坊が発見されたという象徴的な舞台の冒頭部分を始めとする5つの場面。ここでは、初演時にはなかったという今回からの新曲である、キク(橋本と河合のWキャスト)、ハシ(河合と橋本のWキャスト)、そしてアネモネ(山下リオ)が、それぞれの想いを込めて歌う三重唱もお披露目された。

囲み取材の中で、河合は「前回上演時に、この舞台が自分たちの力になったことをとても感じて、初演が終わったあとすぐに“またやりたい”と思っていたので、今回の再演は嬉しい」と顔をほころばせた。

また、今回のキクとハシを交互で演じるという試みについて「前回終わったときに(当時ハシ役だった自分が)プロデューサーさんに“キク役をやりたい”と言ったので、“やっちまったな”と思った」という橋本だが、「全く違うものを観ていただけると思う」と太鼓判を押す。

そんなふたりについて、今回からの出演となる山下は、「このふたりの初挑戦という部分もあったので、そこで少しベースが一緒になった印象があって、心強かった」と言う一方、初演から出演しているシルビア・グラブからは、「ふたりの演じ方が全然違うので、ふたりの役が変わると“こうくるか!”と戸惑うことがあるので、(相手役である山下も)大変だと思う」と、自身もハシの妻役のニヴァを演じる中で、相手役ながらの苦労を語った。

橋本が、「再演と聞くと、初演を観に来てくださった方は構えるところがあると思うが、それとはまったく別のものをみせるので、期待して観に来てください」と意気込む本作は7月11日から29日(日)まで東京・TBS赤々ACTシアターで上演。その後8月以降は大阪、富山を巡演予定。チケット好評発売中。

最終更新:7/11(水) 18:25
チケットぴあ