ここから本文です

マダイとクルマエビの放流

7/11(水) 14:00配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

天草郡苓北町の海水浴場では地元の小学生と高校生がマダイやクルマエビの稚魚およそ2200匹を放流しました。
この放流はマダイとクルマエビ資源の維持や増大を図ると共に地元小学生に海洋生物や環境について興味を持ってもらおうと県立拓心高校が毎年行っているものです。
10日は地元の高校生と小学生、あわせて20人がバケツに入ったマダイやクルマエビの稚魚を波打ち際からそっと放流しました。
「戻ってきて卵を産んでもっと増えてくれればいいなと思います」(育てた高校生)
「放流した後に砂に潜っていくのを見れて良かったです」(参加した小学生)
放流された「マダイ」は1年で20センチ前後、「クルマエビ」は半年で15センチ前後に成長するという事です。

RKK熊本放送

最終更新:7/11(水) 14:00
RKK熊本放送