ここから本文です

二重峠トンネル 半分以上の掘削進む

7/11(水) 20:26配信

RKK熊本放送

RKK熊本放送

熊本地震の後通れなくなっている国道57号線について、北側復旧ルートの工事の進捗状況が公開されました。トンネルはすでに半分以上掘り進められています。

11日は県議会常任委員会の視察に合わせ、二重峠トンネルの工事現場が報道陣に公開されました。二重峠トンネルは大津町と阿蘇市の両側から掘り進めていて11日までに全長3.6キロの57%が掘られています。
「二重峠トンネルの1100メートル地点です。私の後ろでは吹き付けの作業が行われています」(記者)
現在は24時間体制でコンクリートを吹き付けながら一日におよそ5メートルずつ進んでいます。国土交通省はこのトンネルを含むおよそ13キロの北側復旧ルートについて2020年度中の開通を目指しています。
「ペースとしては順調に進んでいる状況。一日もはやく掘削を進めていきたい」(国交省熊本河川国道事務所:村田茂男保全対策官)

RKK熊本放送

最終更新:7/11(水) 20:26
RKK熊本放送