ここから本文です

【永田裕志のG1予想】棚橋の爆発に期待したい

7/11(水) 11:00配信

東スポWeb

 28回目の開催となる新日本プロレス真夏の祭典「G1クライマックス」は14日に、東京・大田区総合体育館大会で幕を開ける。2001年大会覇者で昨年G1を卒業した我らが“ミスター”永田裕志(50)がリーグ戦の行方を徹底予想した。

【ミスター・永田裕志のG1予想】Aブロックは普通に見ればオカダ優位なんだろうけど、ケガがなければって条件付きと期待を込めて棚橋を推したいね。オカダに(V11のIWGP王座連続防衛)記録を破られて「時代の流れ」というものは消化できているんだろうけど、やっぱりそれにあらがう気持ちがないと面白くない。ドームのメインっていう高揚感はレスラーなら忘れられないものだし、だからこそつらい練習にも耐えられるしね。

 Bブロックはケニー、内藤、飯伏、ザック。ただこの4人で考えたとき、みんなザックみたいなタイプは苦手なんじゃない? 立体的な動きをすればするほど、関節技でからみつくアリ地獄みたいなイメージ。英国でオカダにも勝ってるし、(優勝決定戦に)行っちゃうんじゃないかって感じがするね。

 棚橋とザックの優勝決定戦は「NEW JAPAN CUP(NJC)」に続いてってことになるけど、棚橋もNJCで期待させてファンを裏切ってしまった思いはあるだろうから。爆発した時の底力に期待して棚橋。日本武道館のお客さんに、最高のハッピーエンドを見せてほしい。

 公式戦だとジェイとオカダは俺的に注目かな。ジェイは今年ケニーをやっつけた一人。未知数な部分があるけど、何かやってくれそう。あとはザックとケニーって初対決じゃない? ケニーの立体殺法に、ザックがどう関節技地獄に引きずり込むのか興味深いね。敬礼ポーズの注目度を上げてくれたサッカー日本代表は惜しくも敗れてしまったけど、G1もW杯に負けない熱い戦いを見せてほしいね。ゼァ!

最終更新:7/11(水) 11:03
東スポWeb

Yahoo!ニュースからのお知らせ