ここから本文です

(語る 人生の贈りもの)志村ふくみ:2 実母の織機、31歳で同じ道へ

7/11(水) 16:00配信 有料

朝日新聞デジタル

 ■染織家・志村ふくみ

 《郵船会社に勤めていた父・哲(さとる)、母・日出(ひで)の一人娘として育った。16歳のころ、赤ん坊の時の写真の裏に「小野ふくみ」と書いてあるのを見つけた。小野は哲の兄一家の名字だった》
 あるとき思い切って、いとこに「私の姉ではないか」と尋ねました。いとこは否定しましたが、家に帰って「もうこれ以上隠しておくことはいけない」と伝えたようです。17歳になる年のお正月、(現在の)滋賀県近江八幡市にある小野の家に呼ばれ、伯父夫婦から初めて「実の両親だ」と打ち明けられました。
 自分が小野の家の子だと知ったときは、ショックだったけれどうれしかった。…… 本文:812文字 この記事の続きをお読みいただくには、朝日新聞デジタルselect on Yahoo!ニュースの購入が必要です。

サービスの概要を必ずお読みいただき、同意の上、ご購入ください。 購入した記事は購読一覧で確認できます。

朝日新聞社