ここから本文です

【ウィンブルドン】錦織の準々決勝は日本時間午後9時から…ジョコビッチと対戦

7/11(水) 0:58配信

スポーツ報知

◆テニス ウィンブルドン選手権第8日 (10日、英ロンドン)

 テニスの4大大会、ウィンブルドン選手権の男子シングルス準々決勝は現地時間11日に行われる。試合順とコートが発表され、日本男子85年ぶりの4強入りを目指す錦織圭(28)=日清食品=は、センターコートの第1試合(日本時間午後9時開始予定)でノバク・ジョコビッチ(31)=セルビアと対戦することになった。

 錦織がウィンブルドンのセンターコートで試合は

 ▽2010年1回戦 vsR・ナダル(スペイン) 2年ぶり2度目の出場で当時の世界ランク1位と対戦。6―2、6―4、6―4でストレート負け。

 ▽12年ロンドン五輪3回戦 vsD・フェレール(スペイン) 6―0、3―6で迎えた第3セット5―4になった時点で日没を迎え、14番コートから照明と屋根のあるセンターコートへ移動。錦織がブレイクに成功し1924年パリ五輪の原田武一以来、88年ぶりに8強入りした。

 ▽15年2回戦 vsS・ヒラルド(コロンビア) 左ふくらはぎ痛のため試合前に棄権。「センターコートでの試合より、自分自身の体が大事だと思った」

 ▽16年2回戦 vsJ・ベネトー(フランス) 雨で前日の試合が順延になるなど試合進行状況が変わり、屋外コートの予定がセンターに変更に。「なんでオレなんだろう。他にいるでしょう」と笑いつつも3―1の逆転で勝利。「神聖な感じがした」

最終更新:7/20(金) 14:49
スポーツ報知