ここから本文です

【バーデンバーデンC】ゴールドクイーン 素軽い脚さばき「平坦小回りの福島はいい」

7/11(水) 20:45配信

東スポWeb

【バーデンバーデンC(日曜=15日、福島芝1200メートル)注目馬11日最終追い切り:栗東】シニスターミニスター産駒として初めて芝のJRA重賞(葵S)を制覇。今の勢いをもってすれば古馬相手でも引けは取らないゴールドクイーン。この日は坂路で単走。1週前に坂路4ハロン49・1秒の猛時計を出したが、テンションが高くなった様子はない。しっかりコントロールを利かせ、ゆったり坂を駆け上がる姿は好感が持てた。馬場を真っすぐに駆け上がり4ハロン55・0―12・9秒(馬なり)をマーク。素軽い脚さばきで、好仕上がりをアピールした。陣営は連勝に期待を膨らませていた。

 坂口正調教師「これで十分。やればいくらでも動く馬だし、輸送もあるからね。中間もカイバをしっかり食べている。いい状態で出せそう。脚質を考えれば平坦小回りの福島はいいと思う。スタートも速いからね」

最終更新:7/11(水) 20:48
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ