ここから本文です

【函館記念・東西記者徹底討論】雨続きの馬場ならエアアンセムかBコース替わりで先行力生きるマイネルハニーか

7/11(水) 22:30配信

東スポWeb

【函館記念(日曜=15日、函館芝2000メートル)東西記者徹底討論】今週のJRA重賞はGIII函館記念のオンリーワン。1番人気の勝利は2006年のエリモハリアーまで、さかのぼらなければならない波乱度の高いレースだ。今年も一長一短あるメンバー構成とみた「両刀」山口&「馼王」西谷は、ともに大きく振り回して高配当を狙う。

 山口心平(東スポ):いや~、先週のオジュウチョウサンにはびっくりしたな。

 西谷哲生(大スポ):馬場が悪くなったら、もしかして…って期待はしてましたけど、まさかあんなにアッサリ勝ってしまうとは。

 山口:お客さんの歓声もすごかった。開成山特別は間違いなく今年、一番盛り上がった500万特別だろうな。

 西谷:やっぱり新しいチャレンジっていうのは大切ですよね。ボクもアホなことばっか言ってないで、たまには英字新聞でも読んでみようかな。

 山口:いい心がけじゃないか。

 西谷:Oh…なんか頭痛くなってきました。やっぱボクには競馬新聞が合ってるみたいです。ということで、函館記念の予想にいっちゃいましょう。

 山口:オレは◎エアアンセム。前走(エプソムC)は1番人気のダイワキャグニーをマークしているうちに位置取りが悪くなって…。あそこから差すのは簡単ではないし、元来がそんな豪脚タイプでもない。いつもと違う形での5着はむしろ評価できるだろ。

 西谷:自分の競馬ができれば…って言いたいのかもしれませんけど、準オープン勝ち上がりにも時間を要した詰めの甘いキャラですからね。重賞を勝ち切るようなイメージは湧きません。

 山口:良馬場ならそうかもしれんが、北海道はおそらく今週も雨続き。他馬が切れをそがれる馬場なら、もうひと押しがあっていいだろ。

 西谷:予想自体がなかなか当たらないのに、今から天気や馬場のことを言っても…。確実に分かっていることは今週からBコースに替わることだけ。それなら先行力のあるマイネルハニー◎でいく手かと。

 山口:いくら休み明けでも、スローの流れで踏ん張り切れなかった巴賞(8着)の内容が悪過ぎる。プラス12キロでも太い感じはなかったし、ガラリ一変までは厳しいだろ。

 西谷:むしろ楽に流れ過ぎてラスト2ハロンの切れ味勝負になったのが良くなかったのでは。別定戦でほかの馬より斤量も背負ってましたからね。重賞のタイトな流れなら、巻き返してくれても。本来は晴雨兼用タイプで馬場も不問ですから。

 山口:粘り込みを狙うなら昨年、3着に粘ったヤマカツライデンと思っていたら、回避するらしい。となると、クラウンディバイダの先行力が無視できなくなる。巴賞(4着)もゴール前まで粘っていたからな。

 西谷:一番計算できるのはトリコロールブルーじゃないですか。ローカル重賞ではトップクラスの能力だと思いますし、北海道に勝ち鞍があるのも心強い。前走(鳴尾記念=3着)は時計が速過ぎましたが、洋芝なら十分間に合うはずです。

 山口:そうか? オレはこれまでの戦績を見ても、むしろ軽い馬場の方が持ち味が生かせる気がするけどな。もちろん、力は認めるが…。

 西谷:ここにきて充実一途のスズカデヴィアスも注意が必要です。昨年は夏バテ気味だったにもかかわらず、七夕賞で4着に頑張った馬。涼しい函館ならそれ以上の走りが期待できます。

 山口:今回はハンデ(57キロ)を背負わされるし、馬場もおそらく、この馬には合わない。久々は走らないサクラアンプルールともども押さえで十分じゃないか。

 西谷:ブランクは割り引きでも、重賞級の力を持っているブラックバゴは侮れません。乗り方をつかんでいる鞍上の手腕も脅威ですね。

 山口:ナイトオブナイツは昨夏の北海道での勝ち方を見て評価していた馬。巴賞勝ちも納得だった。多少の馬場悪化もこなせるだろうし、あとは道中の折り合いひとつ。

 西谷:大穴はゴールドサーベラスじゃないですか。大外一気のスタイルだけに昇級後はひと息の成績が続いてますが、ダービー卿CT(6着)の最後の脚なんかは見どころがありました。外差し馬場になるようなら面白いと思います。

最終更新:7/11(水) 22:33
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ