ここから本文です

乃木坂46・西野七瀬、センブリ茶にも余裕 千鳥・ノブ「リアクションしてくれ~!」

7/12(木) 5:00配信

オリコン

 人気アイドルグループ・乃木坂46が11日、都内で行われた日本テレビ系毎夏恒例『第38回 全国高等学校クイズ選手権』(9月14日放送 後9:00)制作発表会見に出席した。同番組でメインサポーターを務める西野七瀬は、乃木坂メンバーとメインパーソナリティーを務める千鳥(ノブ・大悟)とともに実際のクイズにチャンレンジ。チーム戦であえなく惜敗し、罰ゲームとしてセンブリ茶を飲むことになるも一人、涼しい顔の西野はノブから「西野さん…リアクションしてくれ~!」とイジられた。

【写真】罰ゲームでセンブリ茶を飲むも涼しい顔の西野七瀬

 同日の会見では、高山一実、中田花奈、そして西野が大悟チーム、白石麻衣、山下美月、佐藤楓、総合司会の桝太一アナがノブチームとして『地頭力』が試されるクイズに挑戦。結果は難問に苦戦しつつも、ノブチームが勝利。高山、中田、大悟が「めっちゃ苦い」と口々にセンブリ茶の味に顔をしかめるなか、あっさり飲み干した西野に中田が「うちらがウソみたいになっちゃう!」とクレーム。微笑んだ西野は「もともと苦いのが平気なのでおいしくいただきました」と、あっさり返答した。

 この日、メインパーソナリティーを担当することが明かされた千鳥の登場前には、「自頭を競うので、知的な方」(白石)「歴史ある番組なので大物の方かな?」(西野)とハードルがあがりまくりの予想に、「でにくい、でにくい」と恐縮しながら登場。高校時代は成績がワースト1、2位だったという千鳥の2人だがノブは「趣向が少しだけ変わって学力だけではなく地頭力なので、ちょっとは貢献できるかも」と自信をみせた。

 最後にクイズの感想を問われ、白石は「今までの高校生クイズとは違った形式だったので私たちもこの夏は一緒に考えながら盛り上げたい」と意欲。登壇者のなかで“地頭力”の良い人について大悟は「クイズは同じくらいだけど、やっぱりあのお茶でノーリアクションなのは相当強賢い」と改めて感心し、ノブを「確かにサラッとしてるほうが面白い」と唸らせた西野は「すみません…」と申し訳なさそうに縮こまっていた。

最終更新:7/14(土) 4:25
オリコン