ここから本文です

新垣結衣、劇場版コード・ブルーは「10年間のアルバムのような作品」

7/11(水) 19:59配信

サンケイスポーツ

 俳優で歌手、山下智久(33)が11日、東京都内で行われた主演映画「劇場版コード・ブルー-ドクターヘリ緊急救命-」(西浦正記監督、27日公開)の完成披露試写会に出席した。

 会場に集まった4000人の大歓声のなか、新垣結衣(30)、戸田恵梨香(29)ら豪華共演陣と登場。2008年から3シリーズ放送された人気ドラマの劇場版を、山下は「10年間の絆が描かれている。人間ドラマ、今を生きることの大切さが伝わってくる」とPR。新垣も「10年間のアルバムのような作品」、戸田も「死ぬまで大切にしたい作品ができた」と自信作をアピールした。

 山下、新垣、戸田、比嘉愛未(32)、浅利陽介(30)のメインキャスト5人は同作のPRで21、22日に札幌、名古屋、大阪、福岡を回る縦断ツアーが決定。山下は「全国の『コード・ブルー』ファンの方に感謝の気持ちを伝えたい。その中には西日本で豪雨被害に遭われた方もいると思う。その痛みに少しでも寄り添えたら」と一日も早い復興を願っていた。