ここから本文です

【めざせクラシック】マカヒキの全弟ウーリリが函館へ

7/11(水) 22:55配信

サンケイスポーツ

 デスク 続々と良血馬がデビューしているけど、まだまだ素質馬が控えているな。まずは栗東から行ってみようか。

 長田 分かりました。池添兼厩舎のメイショウテンゲンを。4日のゲート試験に合格し、夏は無理をさせず秋に備えます。茶木助手は「素直で乗りやすいし、乗り手に従順。背中から力強さも伝わってきます。血統馬なので走って欲しいですね」と期待を膨らませていました。

 デスク 母のメイショウベルーガは京都大賞典など重賞2勝を挙げた活躍馬やしな。ほかにエエのはおるか?

 長田 音無厩舎から2頭取り上げましょう。ミッキーバディーラはまずゲート試験合格を目指しています。「いいキャンターをしています。順調に成長しているし、ポテンシャルはいいものがありそう」と、デビューはまだ先になりそうですが、生野助手も楽しみな様子でした。

 デスク 全兄のダノンプラチナは、2014年の朝日杯FSを制して最優秀2歳牡馬に輝いた逸材やから楽しみは大きいな。もう1頭は?

 長田 クリソベリルですね。こちらもデビューの時期は決まっていませんが、「素直で扱いやすい馬ですよ。力強いキャンターをしますし、トモがパンとしてくれば走ってくれると思います」と伝えてくれました。

 デスク 全兄のクリソライトはダイオライト記念3連覇、韓国GI・コリアCでV。半姉のマリアライト(父ディープインパクト)はGI2勝の血筋だけに走りそうやな。美浦からは?

 内海 斎藤誠厩舎のマノアフォールズです。「まだ地固めの段階だけど、担当者の感触はいいし、これから動いてきそう」と相田助手の感触もなかなかですよ。

 デスク 6勝をあげたムーンリットレイク(父ディープインパクト)の半弟で、ハーツクライ産駒か。

 内海 はい。8月12日新潟の新馬戦(芝1600メートル)が目標で、田辺騎手を予定しています。

 デスク お待たせ。函館組はどうだ?

 千葉 ダービー馬マカヒキの全弟ウーリリが先週6日に函館入りしました。藤本助手は「乗り味はめちゃくちゃいい。マカヒキより落ち着いているし、完成度が高い。GIを狙っていかなきゃいけない馬」と絶賛していました。今週金曜にゲート試験を受け、その後は牧場に戻ります。札幌でデビューするか秋になるかは状態次第でしょうが、注目です。

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ