ここから本文です

ものまね芸人、“本人に似ている度60%未満“でネタ封印! 大物・清水アキラも挑む

7/11(水) 16:38配信

トレンドニュース(GYAO)

ものまねタレントの顔が“本人に似ている度60%未満“だったら、そのネタを封印しなければならない「ものまね顔認証検問」が行われた。清水アキラたち大物芸人も「似ていない」として摘発されてしまった。

ものまね芸人、“本人に似ている度60%未満“でネタ封印! 大物・清水アキラも挑む>>

7月10日放送のフジテレビ系「有吉弘行のダレトク!?」では、「ものまね顔認証検問」第3弾を行った。顔認証システムを利用して、ものまねタレントが本物にどれほど似ているかを検証。60%を切った場合はネタを封印してもらうという人気企画だ。

本田圭佑に扮(ふん)したじゅんいちダビッドソンは、一致度69%でクリア。船越英一郎に扮したガリットチュウ・福島善成も73%という好記録だった。一方、トム・クルーズに扮した神奈月は、0.3%という逆にすごい記録を叩(たた)き出した。さらにキンタロー。は、前田敦子ものまねを封印する結果に......! とはいっても、この企画、その後本当にネタが封印されているかはゆるめなところではあるが。

今回はものまね界の大物・清水アキラも、研ナオコものまねで登場。MCを務める有吉弘行は、「悪ふざけのチャンピオン。似ている人じゃないから、悪ふざけの人だから」と指摘していたが、その結果は......。あまりの結果に、清水本人もキョトンとした表情を浮かべた。清水はその後、谷村新司と麻生太郎、ピコ太郎のものまねで改めて検問に挑んでいる。

有吉に「ベテラン勢がひどい」と言わしめた今回の企画。勢いだけのネタが次々と登場したが、一致度94%という驚きの数字も出たのだった。

(文/原田美紗@HEW)