ここから本文です

被害もう4億円…特殊詐欺急増で「緊急事態宣言」 東京・世田谷区

7/11(水) 22:00配信

TOKYO MX

TOKYO MX

 東京・世田谷区で2018年に入ってから特殊詐欺の被害が急増しています。区は「緊急事態宣言」を出し、警視庁との連携強化を進めます。

 世田谷区の保坂区長は緊急会合で「被害件数が激増している」として、緊急事態宣言を出し、区内にある4つの警察署と連携してこれまで以上に被害の特性などの情報共有を行い、詐欺撲滅に向けて協力していくことに合意しました。

 世田谷区はオレオレ詐欺などの特殊詐欺被害が東京23区で6年連続でワーストとなっています。2018年に入ってからは1件で約1億1000万円を奪われたのを最高に、5月末までに約3億8900万円の被害が出ています。世田谷区によりますと、2017年は216件の被害がありましたが、2018年は5月末までに125件の被害が出ています。これは、前年の同じ時期の1.9倍のペースで、区は今後も増え続けることを懸念しています。

 保坂区長は「(特殊詐欺被害の)増え方が尋常でない。どんどん増えていて、今もたぶん電話がかかり続けているという状態なので、対策のレベルをかなり上げないと防止までいかない」と危機感をあらわにしました。また、「通話を録音できる電話機を設置して、犯人と話さないことが一番有効」として高齢者に普及を促すほか、本格的な対策に向けた予算を緊急に確保していきたいとしています。

最終更新:7/11(水) 22:00
TOKYO MX

Yahoo!ニュースからのお知らせ