ここから本文です

プリン専門店、川越に11日オープン 特産・川越芋の食感を楽しめるプリンやモンブランソフトも

7/11(水) 10:31配信

埼玉新聞

 蔵造りの商家が並ぶ埼玉県の川越・一番街に11日、プリン専門店「川越プリン」がオープンする。全国の特産・土産品の企画・開発・販売などを手掛けるスマイル―リンク(愛知県豊橋市、斎藤裕幸社長)が出店した。同社によると、川越でのプリン専門店は初めてだという。

スタバ、川越蔵造りデザインの店を19日オープンへ 川越のシンボル「時の鐘」がある鐘つき通りで

 「川越プリン」は3種類。なかでも川越芋を使ったイモのプリン「川越いも」が看板商品。プリン生地にペースト状のイモを練り込み、ダイスカットしたイモを入れた。川越芋の濃厚な風味とほくほくしたイモ本来の食感を楽しめる。90グラム、税込み420円。

 バニラビーンズをふんだん使った「なめらか」(90グラム、税込み390円)、プリンの上にユズゼリーを乗せたゆずゼリー」(90グラム、税込み420円)のほか、プリン味のソフトクリーム「プリンソフト」(350円)やプリンソフトに川越芋のペーストをトッピングした「川越芋のモンブランソフト」(400円)もある。

 「将来は地元素材の河越抹茶を使ったプリンも開発したい」と意気込む斎藤社長(50)。「観光客のみならず、地元の皆さまに愛され、川越の活性の一助になるように務めたい」と話している。

 午前10時から午後5時。不定休。

 問い合わせは、川越プリン(電話049・277・5762)へ。

最終更新:7/11(水) 10:31
埼玉新聞