ここから本文です

<東京ディズニーランド>35周年祝うショー開幕 観客の五感に訴える演出

7/11(水) 11:20配信

千葉日報オンライン

 開園35周年を迎えた東京ディズニーランド(TDL、浦安市)で10日、新しい夜のショー「Celebrate! Tokyo Disneyland」が始まった。プロジェクションマッピングの手法でシンデレラ城の壁面に映像を映し出すとともに、花火や噴水の演出も随所に取り入れ、節目の年を祝う壮大で華やかなショーに仕上げた。

 ショーは、オーケストラの指揮者となったミッキーマウスの登場で開幕。音楽に導かれ、魔法の世界に引き込まれたミッキーが、「カリブの海賊」や「ビッグサンダー・マウンテン」などTDLのさまざまなアトラクションを体験する形で物語が進む。

 シンデレラ城を舞台にした映像ショーはこれまでもあったが、35周年を記念して演出をより豪華に。

 映像のミッキーの動きとシンクロして打ち上げられる花火や熱風を感じるほど高く吹き上がる炎に加え、さまざまに色が変わる噴水を新たに城の両側に配置。観客の五感に訴える火や水を巧みに映像と組み合わせることで、従来以上にエンターテインメント性の高いショーを完成させた。

 9日には報道陣向けにショーが事前公開された。居合わせた来園者は、シンデレラ城が幻想的な光に包まれたり、盛大な花火で飾り立てられたりするたびに「きれい」「すごい」と歓声を上げていた。

 公演時間は約20分。夜に1日1~2回上演する。終了時期は未定だ。