ここから本文です

山陽本線や伯備線、呉線など、復旧に1か月以上 豪雨で被災 JR西日本

7/11(水) 16:55配信

乗りものニュース

土砂流入や変電所水没などで長期間不通に

 JR西日本は2018年7月11日(水)、「平成30年7月豪雨」による被災で、運転再開まで1か月以上におよぶことを想定している線区を次のとおり発表しました。

この記事の画像をもっと見る

●1か月以上にわたり運転を見合わせる線区(7月11日14時現在)
・山陽本線 三原~海田市間、柳井~徳山間
・姫新線 上月~新見間
・因美線 智頭~津山間
・津山線 野々口~牧山間
・伯備線 豪渓~上石見間
・芸備線 備中神代~下深川間
・福塩線 府中~塩町間
・呉線 三原~海田市間(全線)
・岩徳線 岩国~櫛ケ浜間(全線)

 山陽本線の三原~海田市間では土砂流入のほか、盛土流出、土砂堆積、変電所水没が発生。柳井~徳山間も斜面崩壊や変電所水没の被害が生じています。芸備線では橋桁の流出や変形が発生。このほかの線区でも土砂流入や盛土流出などが確認されています。

 1か月以内に運転再開を見込む線区は次のとおりです。

●1か月以内に運転再開を見込む線区(7月11日14時現在)
・山陽本線 笠岡~三原間、岩国~柳井間
・山陰本線 福知山~和田山間
・舞鶴線 綾部~東舞鶴間(全線)
・播但線 寺前~和田山間
・因美線 用瀬~智頭間
・津山線 津山~野々口間、牧山~岡山間
・伯備線 総社~豪渓間
・福塩線 福山~神辺間
・芸備線 下深川~広島間

 JR西日本によると被害状況は現在、係員による巡回に加え、道路が寸断されている箇所では空撮などで把握を進めているとのこと。「ご利用のお客様にはご不便をおかけいたしますが、早期の復旧に努めてまいります。ご理解とご協力をお願い申し上げます」としています。

乗りものニュース編集部