ここから本文です

生活保護を不正受給、容疑で会社員を逮捕 同居長男に収入…過少申告 川口市職員から川口署に連絡あり発覚

7/11(水) 23:51配信

埼玉新聞

 埼玉県の川口署は11日、詐欺の疑いで、川口市上青木5丁目、会社員の男(53)を逮捕した。

走る犯人、追う警官 近くの高2が警官に自転車貸すも…走って追い付き犯人確保 県警が表彰、高2の正体は

 逮捕容疑は2013年5月~同年11月の間、同居するアルバイトの長男(21)に収入があったにもかかわらず、同市の福祉事務所に計10回、就労収入を過少申告し、同6月から半年間にわたり生活保護費合計約71万円をだまし取った疑い。

 同署によると、川口市職員から連絡を受け、不正受給が発覚。計約200万円を過少申告していたとみられる。男は「生活保護の受給中に働くようになったため、生活保護を継続して受けたかった」と容疑を認めているという。

最終更新:7/11(水) 23:51
埼玉新聞

Yahoo!ニュースからのお知らせ