ここから本文です

避難所で賞味期限切れ米と水配布 岡山・真庭市陳謝、健康被害の報告なし

7/11(水) 20:58配信

山陽新聞デジタル

 岡山県真庭市は11日、西日本豪雨を受けて市内に設置していた避難所7カ所で、賞味期限が切れた飲料水とアルファ化米を7日に配布していた、と発表した。飲食した市民から健康被害の報告はない。

 同市によると、賞味期限が2014年9月3日までの飲料水のペットボトル57本を久世公民館、家畜市場、久世体育館で、同じく18年6月中のアルファ化米106袋を樫邑小、上水田小、久世公民館、余野小、阿口幼稚園で配った。7日午前に職員や住民が気付き、全避難所に連絡して配布を止めた。

 原因は「在庫管理の不備」と説明。水については、専門機関の分析で「飲料に適する」との報告があったというが、同市危機管理課は「口にした避難者に不快な思いと心配をかけて申し訳ない。今後は管理に一層の注意を払いたい」としている。

Yahoo!ニュースからのお知らせ