ここから本文です

三浦学苑初戦突破 松岡好投でエース温存/南神奈川

7/11(水) 14:47配信

日刊スポーツ

<高校野球南神奈川大会:三浦学苑9-0深沢>◇9日◇1回戦◇横須賀スタジアム

 三浦学苑が、7回コールド勝ちで初戦を突破した。

 背番号10の松岡稜投手(3年)が先発。キレのある直球を主体に持ち味の制球力もさえ、4回まで無安打に抑えた。4回終了後、ベンチで自ら「ノーヒットノーランいけるんじゃないかな」と口にしたが、惜しくも5回の先頭打者に安打を許した。

 6回1/3を被安打1の無失点に抑え、プレッシャーのかかる初戦で先発としての責任を果たした。背番号1の2年生エース渡辺倫太朗投手は温存し、松岡は「3年生の思いを背負って投げた。しっかり心の準備をして、照準を合わせることができました」と胸を張った。

 樫平剛監督(34)は「前から(初戦は)松岡でいこうと思っていた。四球が少なく、ストライク先行で無失点に抑えてくれた」と評価した。

最終更新:7/12(木) 23:31
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ