ここから本文です

日大鶴ケ丘コールド勝ち、勝又が投打で活躍/西東京

7/11(水) 16:04配信

日刊スポーツ

<高校野球西東京大会:日大鶴ケ丘10-0清瀬>◇2回戦◇11日◇上柚木公園野球場

 今秋ドラフト候補で最速152キロの日大鶴ケ丘・勝又温史投手(3年)が、投打の「二刀流」で活躍し、6回コールド勝ちに貢献した。

 清瀬戦に「5番右翼」でスタメン出場。2回に左翼線への適時二塁打、5回には右翼に2ランを放ち、6回にも二塁内野安打と固め打ちした。

 6球団のスカウトが視察する中、8点リードの6回からはマウンドに上がった。「力んで」先頭に死球を与えたが、1死後、遊ゴロ併殺で無失点に抑えた。最速は147キロを計測した。「(本塁打は)追加点がほしい場面。流れを変えようと狙った。フェンス直撃かなと思ったけど、入って良かった」と笑顔で話した。

最終更新:7/11(水) 16:54
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ