ここから本文です

内村航平、中国勢からの雪辱誓う「ノーミス大前提」

7/11(水) 19:59配信

日刊スポーツ

 体操男子の世界選手権(10~11月、カタール)日本代表が11日、都内の素ナショナルトレーニングセンターで合宿を公開した。

【写真】男子体操強化合宿であん馬の練習をする内村

 主将を務めるエース内村航平(29=リンガーハット)は、16年リオデジャネイロ五輪に続く金メダルを狙う団体総合を見据え、「中国に勝てなくはないが、簡単ではない。どういうバランスでやるのがいいのか、5人で話し合って、共有することが今年は大事になる」と危機感を募らせた。

 日本は15年世界選手権、16年リオ五輪の団体戦を制してきたが、団体総合が実施されなかった昨年の世界選手権では中国勢が個人総合で1、2位を占め、種目別平行棒を制した鄒敬園ら新戦力も台頭。力を伸ばしてきたライバルの存在に、内村は「ノーミスが大前提。鄒敬園は平行棒の採点で1点くらい高く出る。その1点をみんなで埋めていかないといけない」と気を引き締めた。

 また、練習後には水鳥寿思強化本部長が会見し、今夏のジャカルタ・アジア大会男子代表が選考会での得点集計ミスにより変更になった問題について謝罪。「非常に重く受け止めて、協会全体で対策を考えていきたい」と話した。

最終更新:7/12(木) 3:00
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ