ここから本文です

白鵬「駄目だった」支度部屋で足滑らせ骨折し休場

7/11(水) 20:08配信

日刊スポーツ

 大相撲の横綱白鵬(33=宮城野)が名古屋場所4日目の11日、「右膝蓋腱損傷、右脛骨(けいこつ)結節剥離骨折の疑いにより2週間の安静を要する」との診断書を提出して休場した。白鵬の休場は春場所以来9度目。今年に入ってからは3場所目で、1年で3場所休場するのは初めてとなった。

【写真】白鵬休場 右脛骨折の疑い 初めて1年で3場所休場

 師匠の宮城野親方(元前頭竹葉山)によると、2日目(9日)の取組前の支度部屋で足を滑らせて痛めたという。3日目(10日)の琴奨菊戦後に宿舎に戻ってきた際に痛みを訴え、この日朝に「全然足が上がらなかった」と状態を説明した。痛み止めの注射を打つなどしたが回復せず「ぎりぎりまで待ったけど駄目だった。せっかくいい相撲を取ってたからこのままいけば優勝ラインに乗るかと思ったんだけど」と残念がった。

 また休場を届け出たのが午後2時ごろだったため、すでに決まっていた12日の5日目の幕内取組を急きょ変更する「割り返し」を審判部が実施した。

最終更新:7/11(水) 20:14
日刊スポーツ

Yahoo!ニュースからのお知らせ