ここから本文です

磐田1ボランチ機能し4発快勝「プラン通り」監督

7/11(水) 22:51配信

日刊スポーツ

<天皇杯:山口1-4磐田>◇3回戦◇11日◇みらスタ

 序盤から1ボランチの新システムが機能し、主導権を握った。

【写真】チーム2点目を決める磐田MF上原

 前半16分にジュビロ磐田FW川又堅碁(28)が先制点を決めると、ゴールラッシュとなった。同44分、スルーパスに抜け出したMF上原力也(21)が追加点。後半にも川又、DF大井健太郎(34)がネットを揺らし、快勝した。2得点の川又は「リーグ戦につながるような勝ち方ができて良かった」と、うなずいた。

 チームは、ワールドカップ(W杯)ロシア大会による中断前のリーグ戦15試合でリーグ13位の15得点だったが、得点力不足解消を印象づけた。指揮官も「中断期間にやってきたことが結果につながって良かった。プラン通りにも戦えたと思うし、これで自信、チャンレジャー精神を持って鹿島戦に臨めると思う」と、リーグ再開となる18日のホーム鹿島戦へ手応えを口にした。

最終更新:7/12(木) 18:03
日刊スポーツ