ここから本文です

元警察官に執行猶予付き有罪判決 女性にわいせつ行為繰り返す

7/11(水) 12:38配信

関西テレビ

関西テレビ

京都市の路上で女性に繰り返しわいせつな行為をした罪などに問われた大阪府警の元警察官の男に対し、京都地方裁判所は執行猶予が付いた有罪判決を言い渡しました。

大阪府南警察署の元巡査長・村上礼祥被告(26)は、京都市西京区の路上で帰宅途中の女性(当時21歳)のスカートをまくり上げ、胸を触るなどのわいせつな行為を去年4月から10月の間、3度行った罪などに問われました。

村上被告は初公判で起訴内容を認めていました。

11日の判決で京都地裁の片多康裁判官は「手慣れた様子で反復された常習的な犯行でもあり、見過ごすことができない」と指摘。

そのうえで「犯行当時警察官であったことも考慮すれば一層厳しい非難を免れない」などとして、村上被告に懲役3年、執行猶予5年を言い渡しました。

関西テレビ

最終更新:7/11(水) 12:38
関西テレビ