ここから本文です

ドンキが挑む「宅配ロッカー」「フリースペース」を使った新しい買い物体験とは?

7/12(木) 17:01配信

ネットショップ担当者フォーラム

ドンキホーテホールディングスは7月9日、一部店舗にフリースペースを設け、宅配ロッカーを設置する新たな取り組みを開始した。

宅配業界で再配達の増加が社会問題化する中、宅配ロッカーを設置することで再配達削減に取り組む。また、フリースペースや宅配ロッカーの利用者の来店促進効果も見込んでいる。

「MEGAドン・キホーテ ラパーク成東店(千葉県山武市)」で試験運用を開始した。ソファや机などを配置したフリースペースを作り、宅配ロッカーを設置している。

フリースペースは持ち込みによる飲食が可能。Wi-Fiも完備しており、仕事や学習のために利用することもできる。「1人の時間を大切にするお客様にフリースペースを提供することで、来店促進にもつながると考えている」(ドンキホーテホールディングス・広報室)と言う。

宅配ロッカーは、グローリーとセゾン情報システムズが提供するブロックチェーン技術を活用した製品。「ドン・キホーテ」の会員登録後、スマホなどで利用できる。

フリースペースと宅配ロッカーの設置は、他店舗への展開も視野に入れている。

「ドン・キホーテ」は独自の売り場作りを通じ、買い物自体を楽しむ「時間消費型店舗」というビジネスモデルを確立しているという。宅配ロッカーを備えたフリースペースを提供することで、宅配荷物の再配達問題の解決に取り組み、顧客の有効な時間消費をサポートするとしている。