ここから本文です

ダニ・ペドロサ、今季限りでのMotoGP引退を発表。最高峰クラス通算31勝 |MotoGPニュース

7/12(木) 23:46配信

motorsport.com 日本版

 レプソル・ホンダからMotoGPに参戦中のダニ・ペドロサは、2018年限りでMotoGPから引退することを発表した。

【フォトギャラリー】ダニ・ペドロサ

 9月で33歳になるペドロサは、ドイツGPが開催されるザクセンリンクで木曜日に会見を行い、今季限りで引退することを発表した。

 来季のレプソル・ホンダは、マルク・マルケスのチームメイトに、ホルヘ・ロレンソを起用することを発表。ペドロサの去就に注目が集まっていた。

 ペドロサの移籍先として最有力とみられていたのは、新たにヤマハのサテライトチームとなるSICレーシングだったが、これが実現することなく、MotoGPから去ることになった。

 ペドロサはこれまでにMotoGP最高峰クラスで31勝、112回の表彰台を獲得してきた。ただ、タイトルの獲得経験はなく、2007年、2010年、2012年の年間2位が最高成績だった。

「これは、僕が長いこと考え続けてきた決断だった。僕が愛するスポーツだから、とても、とても難しい決断だった」

 そうペドロサは語った。

「レースを続けるための良い機会があるにも関わらず、以前と同じような強さではレースできていないように思う。そして、今では人生において、別の優先事項があるんだ」

「このような経験をすることができたこと、そして僕の人生にこういう機会があったことを、僕は幸運だったと表現したいと感じている」

「このような重要なチームで、そして全てのファンの前でレースをすることができ、素晴らしい人生だった」

「期待以上の成果をあげることができたと言える。僕はこのスポーツで成し遂げた全てのことを、非常に誇りに思う」

Valentin Khorounzhiy

あなたにおすすめの記事