ここから本文です

太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

7/12(木) 9:26配信

日刊ゲンダイDIGITAL

 自慢の“マシュマロボディー”に異変が起きているのだろうか。元AKB48の“こじはる”こと小嶋陽菜(30)。

 交際がウワサされているDMMグループ子会社ピックアップの宮本拓社長(26)とのツーショットが、写真誌フライデー(7月13日号)に掲載され、ネットニュースのコメント欄も2人の熱愛話で盛り上がるかと思いきや……小嶋の体形に注目が集まっている。

 フライデーにキャッチされた日の小嶋は、淡いピンクのアシンメトリーヘムのロングスカートに黒のノースリーブトップスをインした着こなし。同誌によると、この上下は、小嶋がプロデュースするブランド「Her lip to」のものだそうで、スカートは2万2000円(税別)。

 決して“プチプラ”とは言えない金額だが、この小嶋のコーディネートに対して、ネット上のコメントは「太った? スカートのウエストが苦しそう」「こんなにスタイル悪く見える服、買わない」と容赦ない。

「グラビアとは大違い。フォトショップってすごい」「誰? 小嶋陽菜の影武者?」と言いたい放題なのである。

「小嶋は昔から肌荒れがひどくて、グラビアでは肌を相当修正していることは業界では有名な話です。ただ、ボディーラインのお直しは一切なしといわれていたのですが。AKB48を卒業して踊ることがなくなり、緩んでしまったのかも」(業界関係者)

 ノースリーブから伸びる小嶋の“二の腕”は、グラビアやCMより、いくぶん緩んでいるようには見える。

「マシュマロボディーを売りにしているだけに、小嶋さんは普段からインスタグラムでボディーアピールに余念がない」と芸能ライターのエリザベス松本氏はこう話す。

「小嶋さんの売りは、プリッと丸いヒップラインですが、ジェニファー・ロペスやビヨンセら、ヒップ自慢の海外セレブと比較すれば、まだまだ小ぶりです。何をしても太った太ったと言われるなら、いっそ、彼女たちを目指して、大きく後ろに突き出たヒップづくりに励むのも、アリかもしれません。新たなファンがつかめるかも。まあ、今ぐらいムッチリした体形の方が好き、という男性は、意外と多いんじゃないかと思いますけどね」

 緩めのこじはるも確かに悪くはないが、本人にとって一番の問題は、恋人の若手IT社長の好みがどうか、だろう。